【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】は副業詐欺!?特徴・評判・口コミについて徹底調査!

こんにちは!

本日は【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】は詐欺なのか?!その特徴・評判・口コミについて調査してみてました!

【バイリンガルイングリッシュ】とは、

バイリンガルの「脳構造」を知ればあなたも同じように会話を楽しむことが出来るというコンセプトのセミナーです。

今回は、いつもと違ってFXや仮想通貨詐欺などと違って健全なセミナーに見えますが、

一緒に組んでいる人物が、船ケ山哲(ふながやまてつ)という、非常に評判が悪い実業家でしたので引っかかりました。

さらに、安倍総理の元通訳という坪田充史(つぼたあつし)という人物が、過去に行ったセミナーの評判も悪い事や、

【「脳構造」を知れば~】というインチキくさい言葉に引っかかりましたので調べることにしました。

では詳細を見て行きたいと思います。



【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】の概要

まず【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】のLP(紹介ページ)の内容紹介です。

『瞬時に2か国語を同時に操り、思っていることを全て会話に変える脳切り替えバイリンガルスイッチング法』

という、非常に怪しいオファー内容です。

かなり胡散臭いので注意が必要です!

今回の紹介するページは2枚になりますので、下記紹介ページを見たら気を付けてくださいね!

LP1



LP2


LPについて

あなたがメールやLINEで紹介されたページはありましたか??

LP1もLP2も、『脳構造を変える』的なスタンスですね…。

本来、安倍総理の通訳を務めるような人物だったら、

真面目にオファーを行っていれば怪しまれなかったんですが、

歴代大統領の一族や大富豪だけが所属を許される
「秘密組織」に伝わる「バイリンガル脳に作り出す秘術」を期間限定で日本初公開!

『秘密組織』とか『秘術』とか言い出したばっかりに、怪しさしか残りませんよね…。

さらに、登録するだけでこんなにもスペシャル特典があるみたいです…。

  1. 間違った勉強法を脳から削除し、英語部屋を構築するための脳内クリーニングデトックス法
  2. 単語フレーズ集はこの際忘れろ!”暗記に頼らずとも溢れんばかりのセンテンスが次々飛び出すポップコーンメイクフレーズ製造機
  3. 一言フレーズを長文に変え、どんな外国人が来ても楽しく会話できるグローバリズムカンバセーション法
  4. 青い目をした天使のような絶世美女にただ目をあわせるだけで素敵な出会いに変えるアイコンタクトファーストアプローチ法
  5. 世界中から外国人観光客を引き寄せ次々と友達の輪を広げるワールドワイドフレンドクッキング
  6. 地図を片手に道迷う可哀そうな外国人を救済し、「うざいから近づかないで」と言われるお父さんが家族の信頼を取り戻す政府顔負けのおもてなし術

お酒でも飲みながら考えた物をそのまま発表しちゃったのかな?と思えるような内容ですよね…。

もしこのような宣伝が来たら、メールアドレスの登録を要求されますので

登録せず、一度立ち止まって、私MEGUMI🌸までご相談くださいね!

すでに登録してしまった!騙されてしまった!という方もご安心下さい!

私のLINE@ではそういった方の為に特設で無料相談を行っております!

いつでもお気軽にご相談ください(*´ω`*)

私MEGUMI🌸のLINEはこちら


【坪田充史(つぼたあつし)】について

坪田充史(つぼたあつし)は実在する人物のようです。

ではプロフィールを見てみましょう。

坪田充史(つぼたあつし)プロフィール
安倍総理・コロンビア大統領通訳

プレデンシャルスペイン語アカデミー校長

株式会社アルコJM 代表取締役

株式会社アルコトレーディング 代表取締役

現在、コロンビアの数少ない通訳・翻訳家として、在コロンビア日本大使館、JICA、日系企業、コロンビア政府などから依頼を多数受けている。

2014年には、高円宮妃殿下、そして、安倍総理とコロンビア大統領の拡大首脳同時通訳も担当。

この経歴だけ見ると本当にすごい人で、詐欺なんかやらなそう!と信じて参加してしまいそうですよね。

ですが、過去に行ったセミナーの口コミを見てみましょう。

具体的な内容が無く、自分の教材への誘導ばっかりでした。何も参考になることは無かったです。

結局は私が主催する学校?に入れば解決ですよ!という誘導の為のセミナーでした。

過去に行ったセミナーは、

マルチリンガルイングリッシュ

キャッチアップイングリッシュ

など、今回のバイリンガルイングリッシュと似通った名前の案件で何個も開催しているようですね。

通常、まともなセミナーならば同じセミナーを続ければいい話ですよね。

名前を変えて何度も開催するという事は、非常に怪しいですよね。

【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)オンラインセミナー】について

3月12日(木)以降に開催されるオンラインセミナーでは、下記の内容みたいです。

=================
・一般の日本人とバイリンガルとの
脳構造の違いとは?

・一般の人が英語できないのは、
脳の中に「英語部屋」がないから、と
いうことが判明!
最新脳科学から分析する脳内の
「英語部屋」「日本語部屋」とは?

・英会話ができるために重要な
「英語部屋」はどうやって構築するの?

英語がペラペラになるために必須な
世界の秘密結社がひた隠しにする
衝撃の「英語部屋の構築術」とは?

・暗記一切不要!
わずか1ヶ月で英語で楽しく会話が
できるようになる最先端のマスター術が
ついに公開、伝授されます!

=================

脳の中の「英語部屋」という言葉が非常に多く出てきますね。

正直言ってこのくらいの内容では1ヶ月で英語がマスターできるとは到底思えません!!

坪田充史(つぼたあつし)の過去のセミナー内容から察すると、

高額なバックエンド商品を売りつけられたり、

坪田充史(つぼたあつし)氏が主催するオンラインセミナーに誘導される可能性が非常に高いので、オススメ出来ません!

すでに登録してしまった!という方もご安心下さい!私MEGUMI🌸にお気軽にご相談ください(*´ω`*)

私MEGUMI🌸のLINEはこちら


【船ケ山哲(ふながやまてつ)】について

船ケ山哲(ふながやまてつ)氏は本の出版や、雑誌の連載を持っているのでビジネスのプロなのは間違いないでしょう。

ただ、以前「1億円メンターコンサルタント」というオファーを行っており、それが非常に胡散臭い内容でした。

これがその時のLPです。

いかがでしょう?

『お金を掛けずに初月100万』
『全自動システムで不労所得化』
『尊敬、自由、不労所得を同時に手にする』

これはどう見ても他の悪徳ビジネスと同じような誘惑ですよね。

これを見てから船ケ山哲(ふながやまてつ)が胡散臭いと思うようになりました。

セミナーには、船ケ山哲(ふながやまてつ)も出演するのかは謎です。

ただ名前を使いたかっただけの可能性もあります。

【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】の特商法

こういった副業案内では、なくてはならない特商法の記載ですが

近年ではその特商法の中身をしっかり記載していない悪徳業者も多いので

私の方でもしっかり特商法は記載されているのか調査しました!

販売者名プレジデンシャルアカデミー
住所東京都品川区西五反田2-9-7 ドルミ五反田407号
電話番号05068666408
メールアドレスinfoacademiajisedai@gmail.com
・上記アドレスは、迷惑メール対策のため、全角の「@」で表記しております。
お問合わせの際は「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。
商品引渡し時期申込み完了後、届くメールに詳細を記載。
表現、及び商品に
関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

いかがですか?まず販売者という言葉や、商品引渡し時期という言葉が出来てきました。やはり何かを売るつもりなのは間違いありません。

また、表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。というのは、「脳切り替えバイリンガルスイッチング法」のことでしょうかね(笑)

また、特商法ではないですが、メールアドレスを登録する際に小さくこのような注意書きがあります。

坪田充史、株式会社REMSLILA、株式会社Continue Marketing LAB、による共同運営を行っております。登録いただいた方には、坪田充史、株式会社REMSLILA、株式会社Continue Marketing LAB、のメールマガジにも登録されます。

3つものメールマガジンに登録されてしまいますので、どうしても見てみたい人は適当にフリーメールを取得してみてください。

すでに登録してしまった!騙されてしまった!という方もご安心下さい!

私のLINE@ではそういった方の為に特設で無料相談を行っております!

いつでもお気軽にご相談ください(*´ω`*)

私MEGUMI🌸のLINEはこちら


【バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)】のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はいつもと違い、英会話のセミナーでしたが、

坪田充史(つぼたあつし)の過去のセミナーの評判が悪い事。
似たようなセミナーを名前を変えて何度も開催していること。
特商法に販売、商品引渡し時期という記載がある事から高額なバックエンドがあるのは間違いない事。
以前、胡散臭すぎるオファーを行った船ケ山哲(ふながやまてつ)も関係している事。

以上のことから、バイリンガルイングリッシュ|坪田充史(つぼたあつし)は非常に危険と判断しました。

スキルアップのために英語を覚えたいと思っている人は、騙されないように注意して下さい!



おすすめの記事