【借金返済から脱出】輝かしい未来のための対処法!

最短明日からでも、返済をストップできる!?今すぐ借金返済シュミレーターで自分の債務を見つめなおそう(^_-)!!

最近、【借金から脱出できない】若者が増えており、話題となっているのはご存じでしょうか?

特にキャッシングは、意外と多くの方がしているものです。

ネットで調査し、統計を取ったところ、

消費者金融の借り入れが20人に1人
クレジットカードのショッピングが3人に1人

要は、『買い物』ですね!

そう考えると、それほど恥ずかしい事ではないことがお分かりいただけるかと思います。


日本人の3分の1が借金を抱えている!?


皆様の中には…

“ どうしても借金の返済が厳しい… ”
“ なかなか返済できない… ”

という方がいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、『債務整理』をご検討されると良いですよ(^_-)-☆

では少しだけ、債務整理についてお話しておきますね♪♪

ポイント➀【借金返済から脱出】借金問題を解決する4つの方法!

➀過払い金請求
カードローンやキャッシングなどで、これまでに貸金業者に支払い過ぎた利息のことです。消費者金融やクレジット会社は、かつての利息制限法の上限を超えた利息を違法に取り続けてきました。そのため、長年借金返済を続けている方は『過払い金』が発生している可能性があり、この過払い金の返還請求によって、借金を完済したり、減額させることができたりすることが可能です。
➁任意整理
弁護士や司法書士が債権者と交渉して和解を成立させて楽に支払いを進める方法で、すべての債務整理の手続きの中で、最も使われる手続きです。法律を超える利息の契約がある場合には、利息制限法による再計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して債務を減らしたり、一括返済によって遅延損害金を減額または免除してもらうことが可能です。裁判所は関与しませんので、自己破産や個人再生の場合のように、裁判所に提出する書類を用意する必要はありません。
➂個人再生
債務者が裁判所に申し立てをして、大幅に減額された債務を分割で支払い、残りの債務は免除してもらうという手続きです。利用条件は、将来において継続的に収入が得られる見込みがあり、債務の総額が5,000万円を超えない方が利用できます。自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではありませんが、任意整理と比べれば、債務を減らすという面においては、非常に効果が大きい方法になります。
②任意整理
当事者の財産や収入が不足し、借金の返済が全く見込めないことを裁判所に認めてもらい、法律上、借金の支払い義務が免除されるという手続きです。原則としては、借金を支払う義務がなくなりますので、借金に追われることなく、収入を生活費に充てることができますが、住宅などの資産があれば手放す必要があったり、一定期間ブラックリストに登録されるので、ローンの審査が通らないことがあります。官報に掲載されることに加え、債権者であるぎんこう、信販、クレジット会社や消費者金融などの個人信用機関などにも自己破産をした情報、つまりブラックリストが、大体7~10年間くらいは登録されることになります。

ポイント➁【借金返済から脱出】債務整理のメリット・デメリット

【借金返済から脱出】のまとめ

簡単に説明させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

ご家族 ・ご友人、親しい人にさえ中々相談が難しい借金などの金銭的トラブルのお悩み…。

私の周りにも借金を抱えて苦しんでいる方を知っています!

稼ぎ方だけでなく、今抱えている悩みや質問は何でも聞いてください♪

私は豊富な経験と実績を活かし、皆様の借金のお悩みを解決へと導く方法をご提案させて頂きます。

まずはお気軽にご相談ください。

ご相談者様の希望に寄り添い明るい将来に導く後押しをお手伝いさせて頂ければと思います(^^)/



おすすめの記事